桑名・四日市・いなべ、三重県北勢地域の葬儀
エンディングホール愛灯館

24時間365日、いつでも対応いたします
0120-31-4242

ブログ

2021年02月15日
兼好さんのエッセイ集

諸説ありますが、2月15日は徒然草で有名な吉田兼好の忌日とされています。
筆者自身、授業の一環で中学生時代に冒頭部分を暗記した記憶があります。

つれづれなるままに、日くらし硯に向かひて、
 心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば、
 あやしうこそものぐるほしけれ

この原文を現代風に解釈すると
何もすることがなくとても暇だったので、一日中硯に向かって
 心に浮かぶ取り留めもないことを書いていたら
 妙に熱中してしまって気が狂いそうになるよ

となるわけですが……更に現代風に超訳してみると
一日中家にいてすごく暇だからSNSで何てことない事を
 呟いてるうちに、気付いたらかなり熱中していたわ
こうすると、なんとなく今のステイホームな雰囲気と似ている気もしませんか?

今も昔も、人はそれほど変わらないのかもしれませんね。

徒然草は、要は「兼好さんのエッセイ集」なのです。
古典と言われるとなんだか小難しそうなイメージがありますが、
そう考えると取っつきやすくなる感じもしますよね。
数年前から「徒然草」がビジネス書としても注目されているのも頷けます。
あのスティーブジョブズも読んでいたとか。

見方を変えるだけで印象はずいぶんと変わるものですね。

葬儀の御供物も「見方を変える」と”故人様へのプレゼント”に変わるのではないでしょうか。
「御供物」と言われると、供花や籠盛を思い浮かべられる方が多いかと思いますが、
故人様が好きだったもの……美味しいと言ってよく食べていたもの、趣味にしていたこと
思い出の数だけ様々なものがありますよね。
それを御供物とされるのも素敵な供養かと存じます。

弊社では、以前「副葬品セレクション」でご紹介したこともある
「グラウンドゴルフセット」「ゴルフクラブセット」「ビールセット」などがございます。

最期のセレモニーである葬儀を、故人様の好きなものが溢れる中でお見送りするのも
喪家様方・参列者様の心に残る葬儀になるかと思います。

「こんな葬儀にしたいんだけど……」そう思われることがありましたら是非お聞かせ下さい。
スタッフ一同、誠心誠意、親身に対応いたします。

 

 

桑名市・いなべ市・東員町・川越町・朝日町 での
家族葬・お葬式・ご葬儀のご相談、いつでもお問い合わせください。

24時間365日いつでも対応いたします。TEL:0120-31-4242

一覧に戻る
電話をかける24時間365日受付中 資料請求無料でお届け